神様の孫 (2017)

f:id:ellesky28109:20191105205253j:image
.
f:id:ellesky28109:20191105205249j:image

.
f:id:ellesky28109:20191105205301j:image

.
f:id:ellesky28109:20191105205235j:image

.
f:id:ellesky28109:20191105205238j:image

.
f:id:ellesky28109:20191105205257j:image

.
f:id:ellesky28109:20191105205242j:image

.
f:id:ellesky28109:20191105205245j:image

 神様って名前のおじいちゃんは

死んじゃった息子の名前で

孫の僕を時々呼ぶ
とくに、ご飯の時とか、寝る前とかに。

 


僕の父さんが死んでから 物忘れがどんどん酷くなっていて 1分前に食べたはずの朝食をもう忘れてる。


その上一番可愛がってた孫のことも忘れるんだから。


こんな寂しいところに二人で来て、そのうえ二人は別々の世界に住んでるってことになる。

 

時々一人きりで

この小さな暗い部分にじっと目を凝らしてみる

 

 


何か強い力が働いたはずなんだ、
こんな道に立ってるのは


針のイカれた音のしないレコードをおじいちゃんは毎晩回す。


目を閉じて、耳をすますと、
おそらくもう死んじゃった星たちが

無言で自転する音みたいだと僕は思う。


もしこれらに音楽があったなら? 

 


二人はあの木立を目指す 毎朝の日課

そこから僕たちの間違いを眺める


おじいちゃんはそれらを毎朝思い出す


何億の墓


地球というあの星はたしか100番目の墓に眠ってる


いまだにおじいちゃんは星をつくってる。

今は280億番目の星で多分それも失敗だよ

だって忘れるんだから

すぐに荒れ放題なんだもの


だけどやめられないんだ


それで 毎朝 二人はここへ来て

 

間違いを眺めてる


そのときに

小さな声でおじいちゃんは泣いている

 


そして
僕はおじいちゃんを

 

 


許そうとしてる

絵日記

f:id:ellesky28109:20191031085023j:image

.

f:id:ellesky28109:20191031085058j:image

.
f:id:ellesky28109:20191031085109j:image

.
f:id:ellesky28109:20191031085105j:image

.
f:id:ellesky28109:20191031085055j:image

.
f:id:ellesky28109:20191031085102j:image

 

殆ど無音であんなに叫んだのは初めてかもしれません… 本当にどうでもいい日記ですが、死ぬほど怖かったので😢

.

f:id:ellesky28109:20191031085258j:image

地獄のほんの数秒前に撮った写真

f:id:ellesky28109:20191031085317j:image

怖い橋も渡りました。 いろいろありましたが、大井川とても素敵なところでした☺️

 

なんでもないもの

f:id:ellesky28109:20191027174538j:image

.
f:id:ellesky28109:20191027174546j:image

.
f:id:ellesky28109:20191027174542j:image

.

f:id:ellesky28109:20191027174532j:image

.

f:id:ellesky28109:20191027174535j:image

.
f:id:ellesky28109:20191027174528j:image

おわり

 

 

 

 

 

色が、やたらとうるさいのは混色するのをさぼっているからです💦

悪い癖だと思いつつなかなか治りません…

目が痛くなる絵ですみません。。

 

一年かけて描く長編の脚本をじりじりやりつつ、ふと思いついた呟きのような

漫画をこれからぽつぽつ描いていくかと思います。

描きながら、それって変だろとか、相変わらず何言ってるか分からんとか

やたらとロマンチスト過ぎるとか

予定調和とか綺麗事とか

いつも自分ですごい突っ込んでるんだけど

僕は自分が嫌いなのかな?って最近思う。

多分まともな方の自分の言葉を聞いてたら

何にも描かなくなりそうだから、最近は無視することにしています。

好きにしたらいいんだ。

一回しか生きられないから、描きたい事、やりたい事

なんでもやったらいい。

そう思えたらいいけど、

まだあんまりそうは思えないから

訓練期間。

 

 

境界線についてのたわ言

f:id:ellesky28109:20191013001807j:image

.
f:id:ellesky28109:20191013001810j:image

.
f:id:ellesky28109:20191013001753j:image

.
f:id:ellesky28109:20191013001804j:image

.
f:id:ellesky28109:20191013001758j:image

.
f:id:ellesky28109:20191013001746j:image

.
f:id:ellesky28109:20191013084711j:image

.
f:id:ellesky28109:20191013084724j:image


半年前くらいに描いた漫画です。

何故かケント紙に、

無理やり絵の具を塗っています💦

 

自分でもうまく消化できてない

ぼんやりとした感覚を描いたので

結局読み返すと意味が分からずお蔵入りになっていたものでした。

もう少し、感じた事を踏み込んで考えれるようになりたいなあ。